幼稚園レベルの低脳継投には呆れてものが言えない

今日は阪神との3試合目

結果は7-3で勝利


あまりにもバカバカしい継投策に呆れてしまって今日は批判のみ・・・

7回裏、順当に3番手平井が登板
ただ球があまり走っていなくて3安打1四球で1点を取られた
8回表に二死から平井に打順が回ってきた
当然ここはメヒアあたりが代打に登場かと思ったら平井がそのまま打席に・・・
平井が絶好調でヒースが不調、あるいは登板過多というならそのまま打席に入るのはわかる
しかし、平井は7回に打たれて点を取られていて調子が良くないのは誰が見てもわかるだろう

そして8回裏も予想されたとおり平井がまた打たれて1点取られその後満塁のピンチを作ってしまい、結局ヒースが登板して2人をビシッと抑えた

9回も増田が無失点で抑えた

平井の7回の内容を見れば8回続投など考えられない継投だ
しかも8回表に打順が回ってきており代打を出して8回裏はヒース登板で何も問題はない
明日から4日間休みで明日以降の投手のやりくりを考える必要もない

以前も何回も言ってるが野球は名前でするものじゃない
平井は信頼の置けるリリーフ投手だが毎回絶好調というわけではない
調子が悪いときには打たれる
今日の平井は調子が良くない事は7回の投球内容を見ればど素人でもわかる
にもかかわらず8回続投させる意味がわからない

ライオンズベンチ首脳陣は選手の調子がいいのか悪いのか、それすらも見極められないのか

同じ九州人として辻監督の悪口は言いたくないが、ここまでバカな采配を見せられると、もう呆れてしまってライオンズを突き放したくなってくる

こんなことやってちゃ優勝は無理だろ  

"幼稚園レベルの低脳継投には呆れてものが言えない" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント